works

伊奈小針のいえ

母屋の前に建つ小さな住居の建て替え計画で、そこに建っていた住居を踏襲する形で、配置や大きさなどが決められた。
南面道路に接し、東側に駐車や母屋への日差しのための空地を確保し、南北へ長い間取りとなっている。
建物南側全面にロッジアを設け、ロッジアに面する部分を全面開口としている。
道路に面する腰壁は道路より2m程度の高さとし、目線をかわす事で通行者からの視線を気にすることなく、日差しや風を取り入れることができ,
道路に対するバッファーゾーンであるロッジアは隣接するリビングに広がりをもたらし、外部を近く感じられるくつろぎの場となっている。
また、吹き抜を設えることで、よりおおらかさを造りだし、奥に位置するダイニングや2階ホール等に明るさを届けている。

所 在 地  埼玉県北足立郡伊奈町
構   造 木造在来工法
敷地面積  300.49u
建築面積   55.38u
延床面積   92.24u
構造設計 桑子亮/桑子建築設計事務所
施   工 竹並建設株式会社
写   真 鳥村鋼一

copyright(c) arc-d allrights reserved.