works

乾町の家
敷地は古くからの住宅地で、比較的広い面積を持ち、北側と南側で道路に接している。
メインアクセスを決めつつも時として反対方向への出入りも可能となるように駐車スペースを決め、建物配置を考慮した。
西側によった建物は四隅に和室、キッチン、外部ポーチ、浴室などの水廻りを配し、中央にリビングとしている。交差点のような中央のリビングがハブとなり、各ゾーンを繋いでおり、対角的な動線と共に、視覚的な広がりもつくりだしている。
西側中央に食い込んだ中庭は、接する各ゾーンに光や風を導き入れ、縦や横につながることにより閉塞しがちな建物中央部分を開放的なものとしている。


所 在 地  群馬県伊勢崎市
構   造 木造在来工法
敷地面積 330.71u
建築面積 128.86u
延床面積 151.80u
構造設計 桑子亮/桑子建築設計事務所
施   工 株式会社 春川建設
写   真 鳥村鋼一
copyright(c) arc-d allrights reserved.