works

金山の家
敷地は、太田市中心部北側にある金山の南東の斜面に位置し、古くひな壇状に造成さ れた土地で、関東平野を見渡すことができる。
6つに分けられた敷地の中央にあったスロープを埋め、横長の敷地を中段に造り出した。
景観をなるべく元の山に戻すべく、敷地に残る大きな木々はなるべく残し、新たな雑木や花をつける樹木を建物周囲に植えた。
山の斜面に沿うように屋根を方形とし、その軒先を枝下にすべり込ませるように伸ばした。方形屋根は事務所棟、駐車場を含めると6つに分けられ、全体として樹々の間にたたずんでいる。
大きくとられた開口の前には、跳ねだしたデッキが足元や近景を隠し、軒先と共にのびやかな視界を造りだしている。
「植えたての木々は一番悪い状態。」苦笑いで撮影を眺める植木屋さんと共に数年後の佇みを楽しみに。


所 在 地  群馬県太田市
構   造 木造在来工法
敷地面積 2,831,14u
建築面積  215.06u
延床面積  181.04u
構造設計 桑子亮/桑子建築設計事務所
施   工 安松託建
写   真 鳥村鋼一
copyright(c) arc-d allrights reserved.