works

南町の家

密集して木造2階建ての住宅が立て込んだ地区で、一方通行の道からさらに入ったところに敷地はあり、東側に道路をもつ。
ビルトインガレージと将来的な分もふくめた3台分の駐車場。これらを配し、残りの部分で住まいを計画。

敷地の中心部辺りに大きな吹き抜け空間を設け、周囲をぐるりとバルコニーや芝屋根、中庭などで囲い、光や風を建物内部へと導いている。
ガレージ部分の低さを利用し、リビングから近い位置に広めのバルコニーや書斎を配し、高めに造った中庭との相互により、広がりやつながりを立体的に構成している。
バルコニーはバーベキューや休日の寛ぎの場として、庭の機能を果たしており、観る中庭と活動的な2階の庭(バルコニー)が内部をより豊かにしている。

所 在 地  前橋市南町
構   造 木造在来工法
敷地面積  208.99u
建築面積   89.33u
延床面積  128.96u
構造設計 桑子亮/桑子建築設計事務所
施   工 潟Iムニバス
写   真 鳥村鋼一
copyright(c) arc-d allrights reserved.