works

梅原の家


東側にお隣はいるのだけれども、田んぼの中にポツリと置かれたような土地である。
仲良しご夫婦2人の為の家で、南側に広がる田んぼに向かって大きな開口を取り、中庭も持つ家である。
中庭を挟みつつ南側に行くにつれ床のレベルが上がっていく。南側開口は外部に対してより大きく広がり、四季折々の田んぼの変化を楽しむことができ、高さにより遠くの景色まで望み、取り込むと同時に、生活面が周囲より高くなった事により防犯やプライバシーを確保している。
内部空間においては、床レベルがずれていくことにより空間同士が、部屋同士が相対するのではなく、ゆるやかにつながっていくような感覚を出している。
そこに暮らす2人がお互いの存在を相対するのではなく、やさしく感じられるような空間にしたいと思った。

所 在 地  群馬県邑楽郡明和町
構   造 木造在来工法
敷地面積 392.88u
建築面積 108.08u
延床面積  94.15u
構造設計 桑子亮/桑子建築設計事務所
施   工 藤建設工業株式会社
写   真 鳥村鋼一

copyright(c) arc-d allrights reserved.